診療時間

野球肘・野球肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩が腫れていて痛みもあり、ボールをうまく投げられない
  • 肩を上げる時に引っかかる感覚があり、スムーズに肩が上がらない
  • 痛みで夜中でも目が覚めてしまう
  • 投球後、肩が抜けるような違和感がある
  • 野球肩が悪化しているので医者からは「運動を止めろ」と言われ困っている

野球肘・野球肩が起きる原因|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

野球肘とは、文字通り投球動作などにより肘に負荷が強くかかり、繰り返すことで起こる「靭帯・腱・軟骨などの損傷」です。

野球のみならず、肩や腕を大きく振るスポーツでも出てしまう症状で、他にテニス、バレーボールなどでも起こります。

一般的な整形外科では、これらは肩や肘「そのもの」に問題があると捉えがちですが、当ゼロスポ鍼灸・整骨院グループでは、まずそのような判断は致しません。

その理由は、症状を訴える患者様の身体をよく診ると、ほとんどの場合、日常の姿勢バランスが正しくなく、それによって投球時、肩・肘にまで負担をかけてしまっていることが原因だと判るからです。

正しい投球のフォームとは、腕・肩だけではなくて身体全体を使う動作です。

仮に、下半身に十分な柔軟性があると、身体が無理なくても良くなり肩や肘にスムーズに力が伝わるので余計な負荷はかかりません。

ですが、身体に柔軟性が無いまま偏った筋肉の使い方をしてしまうと、当然のことながら、肘・肩に負荷が掛かりすぎて、その結果炎症を起こしてしまうのです。

実は恐ろしい野球肘・野球肩の放置|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

もしも、お子様が肘・肩が痛んだり違和感があるといった場合でも、充分な安静をせずにスポーツを続けてしまう人は実は多いのです。

その中でも、特に「プロになりたい」取り組んでいる成長期のお子さんほど、放置や無理をしがちです。

ですが、肘・肩はそもそもとても複雑な構造をしているので、放置し宝と言って自然に治癒することはまずあり得ません。

そのままにすると、変形性肘関節症・腱板損傷などと言った軟骨がすり減り、次第に腱が破れてしまい、日常生活にも支障をきたす【後遺症】を一生抱えたまま生きていかなくてはならなくなります。

当院で行う野球肘・野球肩の施術方法|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

そこで、当ゼロスポ鍼灸・整骨院グループでは、患者様それぞれの症状、姿勢バランス、筋肉の付き方などを、詳しい問診・触診でしっかりと確認した上で、患者様にとってベストな治療法をご提案させて頂きます。

体が出来上がっていない状態で、肘・肩に負担をかけてしまう原因は、体幹が弱くて筋肉に柔軟性もないからです。そのため、肩・肘周りの骨や軟骨、それに靭帯や腱などの箇所に過剰な負荷が掛かっているからなのです。

当院では、筋肉・関節・骨格・骨盤から正常に整えることで、症状の【根本治療】が行える施術を取り入れております。

体幹が整うと、次第に筋肉の付き方も良くなり、それによって骨格をしっかりと支えてくれるので、肘・肩に余分な負荷がかからなくなっていきます。

肩・肘の痛み、しびれは放置したままにせず、1日でも早く当ゼロスポ鍼灸・整骨院グループまでご相談ください。

お問い合わせ

  • コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363
  • LINE

診療時間

住所
〒250-0011
神奈川県小田原市栄町2-12-45 山崎ビル1F
アクセス
小田原駅から徒歩5分