診療時間

ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腹痛や吐き気がある上に胸やけもする
  • 笑ったりくしゃみをしたりする時以外はお腹の痛みがない
  • レントゲンでは問題なかったが痛みが続いている
  • 片足がしびれて歩きにくくなった
  • 原因は加齢にあるからと湿布薬や痛み止めの薬をもらうしかできない

ヘルニアとは?|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

ヘルニアとは、臓器や組織の一部分がはみ出してしまっている状態のことです。

ヘルニアには出てしまった場所によって内ヘルニアと外ヘルニアの2種類に分けられます。

  • ・内ヘルニア…内臓が腸間膜やくぼみのある部分に出てしまっている状態。食道裂孔ヘルニア、椎間板ヘルニア、腸間膜裂孔ヘルニアなど

  • ・外ヘルニア…臓器の一部が腹部の外に出てしまっている状態。鼠経ヘルニア(脱腸)、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアなど

ヘルニアで最も多いのが頸部椎間板ヘイルニアなどの椎間板に起こるものです。腰の骨や胸の骨などによって、腰椎椎間板ヘルニア、胸椎椎間板ヘルニアと呼称が変わります。

椎間板ヘルニアの原因とは?|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

椎間板は背骨を形成する椎骨の間にある組織です。これらはクッションの役割をするものですが、変性して飛び出してしまうと近くの神経を圧迫します。この状態が椎間板ヘルニアです。

原因は遺伝や加齢が多かったのですが、近年では若年層で発症するケースが増えてきました。

椎間板自体は10歳頃から老化が始まりますが、周囲の筋肉が飛び出さないよう支えています。

しかし、悪い姿勢や骨格の歪みなどによって筋肉に常に負荷がかかると状況は変わります。筋肉が硬くなって椎間板を支えきれない状態になると、首や腰、胸などにヘルニアが起こるのです。

椎間板ヘルニアを放置すると?|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

椎間板ヘルニアは、頚椎や腰椎といった負担のかかりやすい場所によく発生します。

神経が圧迫されると首・肩こりや背中の痛み、腕のだるさ、脱力などが起こります。悪化すると足の痛みやしびれまで起きる可能性もあるのです。

また、腰の場合は片方の足に障害が起こるケースが多い一方、進行すると両足が麻痺して歩けなくなったり、膀胱障害(排尿しにくくなるなど)を起こしたりすることもあります。

そうなると手術しかなくなり、しかも数年後に再発するケースが少なくありません。

再発した場合、治療はさらに困難を極めることになります。

当院の施術方法|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

椎間板ヘルニアは、悪い姿勢や骨格の歪みによる筋肉疲労が大きな原因です。

そこで、〇〇区のゼロスポ鍼灸・整骨院グループではまず筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげます。その上で全身のバランスを整える施術を行なっていくのです。

「ゼロ整体」という独自の整体法は骨格や骨盤の位置を矯正し、姿勢を支えるインナーマッスルから鍛えていきます。これにより、過剰にかかっていた負担をゼロにし、バランスの取れた筋肉がつくように整えていくのです

正しい姿勢が常に取れるようになるとヘルニアが再発しにくい身体へと変化していきます。

〇〇区のゼロスポ鍼灸・整骨院グループでは、痛みのない健康な身体を取り戻すサポートを全力で行っていきます。ヘルニアでお悩みの方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

お問い合わせ

  • コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363
  • LINE

診療時間

住所
〒250-0011
神奈川県小田原市栄町2-12-45 山崎ビル1F
アクセス
小田原駅から徒歩5分