診療時間

逆流性食道炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 食後の胸焼けが気になる
  • 喉の奥が酸っぱい感じがする
  • 口臭に気をつけたほうがいいよと言われた
  • 胃もたれする
  • よく咳が出るが原因が思い当たらない

一般的な逆流性食道炎の原因|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

主な原因として挙げられているのは次のとおりです。

  • ・暴飲暴食

  • ・過度の飲酒

  • ・喫煙

  • ・加齢による変化(胃や食道にある筋肉の機能低下)

  • ・妊娠や肥満、運動や便秘によっての腹圧の上昇

  • ・ストレス など

しかし、喫煙をしていても、逆流性食道炎にならない人はならないです。また、どれだけお酒を飲んでも逆流性食道炎にならない人もいます。

直接的な原因としては、「胃酸が多く出て、それが食道に逆流してしまうこと」が考えられていますが、本来は逆流しないように作られています。胃酸が逆流できないように、胃酸の逆流を防ぐための筋肉が存在していますが、この筋肉が弱くなっている場合に逆流性胃腸炎になると考えられています。

そのため、加齢による筋力低下をイメージしやすい「高齢者」に多いと言われています。しかし、最近は若い人でも同様の症状に悩まされている人は多いです。

若い人に逆流性食道炎が起こる原因は主に便秘です。お腹が張ってしまい、胃が腸からの圧迫を受けることで負担がかかってしまうからと考えられています。。

さらに、脂肪分の多い食事をすることで、消化するために胃腸へ大きな負担かけます。そのため、胃酸の量が増えて逆流性食道炎が起こりやすくなるのです。

実は重要なのは姿勢|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

「姿勢と逆流性食道炎の関係?どう繋がっているの?」そう思う方が多いことでしょう。しかし、例えば食事をするとき、寝転がって食べた方が消化されやすいと思いますか?また、猫背で食事をすると内臓が圧迫されて血流が悪くなります。すると、胃腸での消化はスムーズにいかないと理解できます。このように、悪い姿勢は消化器官への負担が大きくなってしまうのです。

しかし、逆流性食道炎と姿勢が完全に関係があるかと言われれば、そうでもないですよね?実はそこにもう1つ、「自律神経」が深く関わってきます。

姿勢が悪くなると、背骨の両脇から分かれる様々な神経を圧迫しやすくなります。

その中でも、自律神経が圧迫されると内臓の働きが悪くなり、次のような症状に襲われることでしょう。

  • ・消化が悪くなる

  • ・便秘をする

  • ・眠れなくなる など

このように、大切な身体の機能が低下していってしまうのです。胃酸の分泌をはじめとする消化器系の機能も、基本的には脳と自律神経がコントロールしています。

悪い姿勢が続くと自律神経のバランスを崩し、消化器系の機能が全体的に低下します。

その結果として、逆流性食道炎のような症状を引き起こしてしまうのです。

一般的な逆流性食道炎の対処法|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

病院では、薬の処方や食生活の改善が逆流性食道炎を改善するポイントと言われています。

もちろんこれらの処置で症状が軽減されるケースも少なくありません。しかし、それだけでは改善せず、長らく困っている方も多くいらっしゃいます。

また、薬である程度は症状を抑えられても、それは一時的な効果です。時間の経過と共にまた再発するといったケースも多い傾向にあります。

当院の逆流性食道炎の施術|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

ポイントは3つあります。

  • ・内臓の働きを改善する

  • ・自律神経のバランスを正常化する

  • ・食生活を改善する

自律神経のバランスを改善するということは脳の疲労回復になり、内臓機能の改善にもつながります。そこで当院では、整体や骨盤矯正で背骨や骨盤の状態を整えてから、自律神経が正常化しやすい体づくりを行います。次に頭蓋骨を調整することで、脳脊髄液という脳を栄養しているモノの生産と循環を改善していきます。

当院オリジナルの矯正法では、身体への負担をかけることはありません。また、普段無意識にとっている姿勢や、生活習慣の乱れに対してもアドバイスできます。生活習慣の改善とはいえ、仕事や家事・育児などで変化できないところもあるかと思います。そのような環境などにも合わせて改善策をご提案させていただくので、安心してお任せください。

お問い合わせ

  • コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363
  • LINE

診療時間

住所
〒250-0011
神奈川県小田原市栄町2-12-45 山崎ビル1F
アクセス
小田原駅から徒歩5分