診療時間

テニス肘・ゴルフ肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ラケットを振ると肘に違和感が出る回数が増えてきている
  • ラケットのガットが硬すぎて肘への衝撃が強い
  • 運動不足解消のためにテニスを始めが肘や手首を痛めてしまった
  • ゴルフでスイングすると肘の内側に痛みが走る
  • 炎症を抑えるためにステロイド注射を打っているが効果を実感できない

テニス肘・ゴルフ肘とは?|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

テニス肘は正式名称を「上腕骨外側上顆炎」といいます。主な症状は肘の内側の痛みであり、片手で行なうバックハンドによって起きやすいです。

テニスの他、バドミントンや卓球、手首をよく使う料理人や主婦などによく見られます。

その原因はボールを打ったときに伝わる衝撃が手首~肘にかけて急激に負担をかけることにあります。これにより、腱が炎症を起こしてしまうのです。

一方、似ている症状として「上腕骨内側上顆炎」、通称ゴルフ肘があります。これは無理なスイング姿勢やダフリなどが続くことが原因です。肘の内側に負担がかかってしまい、炎症と痛みを引き起こしてしまいます。

なお、テニスでも発症することがあり、この場合はトップスピンのフォアハンドが腱への疲労を蓄積させてしまうことが原因です。

特に腱は加齢とともに老化しやすいため、中高年になると発症しやすくなる傾向にあります。

テニス肘・ゴルフ肘の原因とは?|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

名前に「肘」とついていますが、必ずしもそこだけが原因とは限りません。それ以外の部分が問題の場合、以下のことが考えられます。

  • ・オーバーユース(使いすぎ)

  • ・手首の固定が足りないまま打っている

  • ・技術が未熟でラケットの正しい部分にボールが当たっていない

  • ・身体が硬いことで十分なスイングができていない

  • ・加齢による筋力の低下

テニスもゴルフも、ボールを打った瞬間のインパクトが大きいスポーツです。それに耐えられるだけの体幹(おなかや背中)の安定性と柔軟性が必要になってきます。

しかし、姿勢に関わる筋肉である「インナーマッスル」が弱いと、末端の手や手首を過剰に使いかねません。それによって衝撃が繰り返し肘へと伝わり、炎症や痛みを引き起こすのです。

当院の施術方針|ゼロスポ鍼灸・整骨院 小田原

このようになテニス肘やゴルフ肘は湿布を貼ったりアイシングをしたりしても、その効果は一時的なものでしょう。

なぜなら、根本の原因は姿勢の悪さや体幹の弱さにあるからです。

その点を放置すると、たとえ手術しても再発を繰り返すことになります。

そこで、〇〇区のゼロスポ鍼灸・整骨院グループでは痛みを緩和するだけでなく、全身を整えることを第一としています。そうすることによって、肘の痛みが再発しない身体作りをサポートいたします。

治療前には患者様のテニス・ゴルフの際の姿勢、そして負担がかかっている筋肉を細やかに確認します。その上で筋肉をほぐし、痛みを和らげながら、骨格や骨盤から矯正していくのです。

すると無駄がなく美しいフォームで、パフォーマンスの質を上げることもできるようになっていきます。年齢に関係なくテニスやゴルフを楽しみたい方は、痛みを我慢せずぜひ神〇〇区のゼロスポ鍼灸・整骨院グループへご相談ください。

お問い合わせ

  • コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363
  • LINE

診療時間

住所
〒250-0011
神奈川県小田原市栄町2-12-45 山崎ビル1F
アクセス
小田原駅から徒歩5分